アルセロール:露セベルスタリ買収で合意-1兆8600億円(2)

ルクセンブルクの製鉄大手アルセロールは 26日、ロシア製鉄3位のセベルスタリを買収することで合意したと発表した。 買収額は130億ユーロ(約1兆8600億円)規模。

アルセロールは同業の世界最大手、オランダのミタル・スチールからの敵 対的買収阻止を狙うとともに、世界最大の製鉄会社を誕生させることになる。

アルセロールによると、買収完了は7月までの予定。今回の合意に伴い、 アルセロールはセベルスタリの株式89.6%に加え、鉄鋼や鉱山資産を取得する ほか、セベルスタリのアレクセイ・モルダショフ会長から現金12億5000万ユ ーロを受け取る。

同会長はアルセロールの新株2億9500万株を1株当たり44ユーロで取得。 アルセロール株の保有率は32.2%となる。米誌フォーブスによると、同会長の 保有資産は76億ドル(約8510億円)で、世界の富豪ランキングで64位。アル セロールによると、同会長は少なくとも5年間は取得した株式を売却しないこ とで合意した。

アルセロールのギイ・ドール最高経営責任者(CEO)は、ミタルによる 258億ユーロの買収提案を拒否し、ミタルのラクシュミ・ミタルCEOとの話し 合いも拒んできた。

ソレイユ・セキュリティーズ(ニューヨーク)のアナリスト、チャールズ・ ブラッドフォード氏は25日のインタビューで、「これは明らかにミタルの買収 を回避するための策略だ」と指摘。「アルセロールはあらゆる所でホワイトナイ ト(敵対的買収を仕掛けられた会社を友好的に買収・合併する会社)を探そう と試みてきた。セベルスタリはその可能性のある1社だった」と語った。

アルセロールの25日の株価終値は46セント(1.4%)高の34.06ユーロ。 株式時価総額は217億9000万ユーロ。ミタルから最初に買収提案を受けた今年 1月27日以降の上昇率は53%。

ミタルのアドバイザーは、シティグループ、HSBCホールディングス、 ゴールドマン・サックス・グループ、クレディ・スイス・グループ、ソシエテ・ ジェネラル。アルセロールは、BNPパリバ、カリヨン、ドイツ銀行、JPモ ルガン・チェース、メリルリンチ、モルガン・スタンレー、UBS。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE