上海の銅相場:反発-LME在庫減とコデルコの生産見通し引き下げ

26日の上海の銅先物相場は反発。ロンドン金 属取引所(LME)の指定倉庫の銅在庫が減少したことに加え、世界最大の銅生 産国であるチリの生産が減少し、供給が需要に対応できないとの懸念が広がった。

LMEの25日の発表によると、銅在庫は前日比0.5%減の10万5750トンと、 2月21日以来の低水準となった。また、世界の銅供給の約11%を占めるチリの国 営銅公社(コデルコ)は24日、2007年の銅生産量の見通しを引き下げるとともに、 06年の生産量も前年比で減少するとの見方を示した。

上海東亜フューチャーズの金属アナリスト、袁芳氏は26日の電話インタビュ ーで「在庫が抑制されているうえ、コデルコが生産見通しを引き下げたため、相 場の上昇トレンドに変わりはない」との見方を示した。

上海先物取引所の銅先物相場8月限は、前日比最大2700元(3.8%)高の1 トン当たり7万4290元となった。上海時間午前9時44分現在、7万3770元で取 引されている。25日には一時、値幅制限いっぱいの5%下落した後、前日比

3.1%安で引けた。

原題:Shanghai Copper Rises as Stockpiles Fall, Codelco Cuts Forecast

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE