新日石会長:6月の石油製品卸価格の1円強値下げを示唆(3)

新日本石油の渡文明会長(石油連盟会 長)は22日午後の定例会見で、円高・ドル安を背景に原油コストが1リットル 当たりで1円強下がっているため、6月にもガソリンなどの同社の石油製品卸価 格に同水準、反映させたいとの考えを明らかにした。

同会長はまた、6月1日に予定されている石油輸出国機構(OPEC)の総 会では、現行の生産枠が維持されるとの認識を表明。また原油先物相場について、 バレルあたり65ドルに向けて低下する可能性が高く、70ドルを大幅に突破す る状況にはないとの見方を示した。

新日石の株価終値は前週末比20円(2.4%)安の819円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE