米DEショーがグーグル株全株売却、ハイテク株の保有縮小

世界最大のヘッジファンド会社D.E.ショ ーは、インターネット検索大手グーグルの株価が第1四半期(1-3月)に6% 下落したのを受け、同社株をすべて売却した。15日に監督当局に提出した書類 で明らかにしたもので、146万株のグーグル株売却は、第1四半期のD.E.シ ョーによる売却で最大だった。グーグル株146万株の評価額は昨年末時点で約6 億690万ドル(約671億円)だった。

D.Eショーはグーグル株を売却する一方で、グーグルのライバル会社であ るヤフーの株式を139万株購入。第1四半期末時点の評価額は4490万ドル。

グーグルは1月に発表した利益がアナリスト予想を下回り、2004年の新規 株式公開(IPO)以降続いていた予想を上回る決算発表の記録がストップして いた。

グーグルの株価は15日、前週末比2.07ドル高の376.20ドルで終了。ヤフ ーは同22セント高の31.03ドル。D.E.ショーの広報担当者トレイ・ベック 氏のコメントは現時点では得られていない。

米証券取引委員会(SEC)への届け出によれば、D.E.ショーの第1四 半期末の保有総額は389億ドル。同社は第1四半期にカナダ最大の銀行、カナ ダ・ロイヤル銀行の株式562万株を購入した。同社が完全に売却した10銘柄の うち5銘柄はコンピューターや通信、メディア関連株だった。ネットワーク機器 のシスコシステムズ株の保有は380万株減らした。組み入れ最大の銘柄はアップ ルコンピュータ(975万株、期末評価額6億1100万ドル)だった。ヒューレッ ト・パッカード(HP)株の保有は260万株増やした。