農水省:北海道の乳牛1頭にBSE、「肉骨粉規制前に生まれた牛」

農林水産省は13日、北海道の乳牛1頭に BSE(牛海綿状脳症)がみつかった、と発表した。同省は「この牛は平成13 年(2001年)10月の肉骨粉等の飼料原料の法的な給与規制が開始された以前に 生まれた牛」としている。

同省によると、5月11日に北海道で実施したBSEの農場検査で陽性とな った乳牛1頭について、農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所で確定 検査を実施したところ陽性となったという。この結果について、食料・農業・農 村政策審議会消費・安全分科会家畜衛生部会プリオン病小委員会の委員で協議を 行った結果、BSEであるとの結論が得られたとしている。