金は07年に850ドル超えへ、原油100ドルでインフレヘッジ需要増大へ

南アフリカ共和国第2の金ファンド、トリ ニティ・ホールディングスは12日までに、金相場は2007年末までに1トロイ オンス=850ドルを超えるとの見通しを示した。原油高が続きインフレヘッジと しての金需要が拡大するとの予想を示した。

トリニティのマネジングディレクター、クイントン・ジョージ氏は、中東 の緊張の高まりを背景に原油価格が07年末に1ドル=100ドルに達すると予想 している。同氏は05年12月には来年の金相場を約610ドルと予想していた。

ジョージ氏は9日、南アフリカで電話インタビューに答え、従来の予想は 「全く控えめに過ぎた」として、「原油価格は上昇しており、中東は地政学的問 題を抱えている。安全な資産として金の需要は高まるだろう」と語った。

金は1980年に過去最高の850ドルに達している。12日のロンドンでは

730.40ドルと、1980年1月以来の高値。過去1年では70%上昇している。

ジョージ氏は、金が「今年末までに800ドルに達し、若干の調整を経て07 年末までには新たな高値をつけるだろう」と話した。ジョージ・ソロス氏の元 パートナーの投資家ジム・ロジャーズ氏は、金が1トロイオンス=1000ドルに 達すると予想している。

ジョージ氏はまた、エネルギー需要を背景にウラニウムも来年末までに現 在の2倍強に上昇すると予想する。最新の価格は1ポンド=41.50ドル。ジョー ジ氏は、需要が供給を上回るなかで07年末までには70-100ドルに上昇すると みている。