上海の銅相場:4日連続で最高値更新-ファンドによる金属投資拡大で

上海銅先物相場は11日、4日連続で過去 最高値を更新した。メキシコでの鉱山閉鎖の影響で非鉄金属相場のリターン(投 資収益)が引き続き株式や債券を上回るとの観測が高まった。

ニューヨークとロンドンの銅相場は10日、ともに最高値を更新。ロンドン 市場では初の8000ドル超えとなった。亜鉛、ニッケル、プラチナも最高値を付 け、アルミニウムは1988年6月以来初めて1トン当たり3000ドル台に乗せた。 メキシコの銅生産大手グルポ・メヒコは同日、ストライキにより作業現場の安全 性低下への懸念が高まったためサンマルティン鉱山を閉鎖したと発表した。

中国国際フューチャーズ(上海)の金属アナリスト、蔡洛益氏は上海からの 電話インタビューで「投資ファンドによる非鉄金属全般への買いにより、銅相場 の上昇が加速している」と指摘。「ファンドによる商品の持ち高は増加し、銅相 場も上昇するだろう」との見方を示した。

上海先物取引所の銅先物相場7月限(中心限月)は、前日比最大3170元 (4.2%)高の1トン当たり7万8880元となった。上海時間午前9時4分現在、 同7万8800元で取引されている。

原題:Shanghai Copper Rises to Record as Investment Funds Buy Metals

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE