サウジアラビア:国際金融地区を建設へ-国外投資資金の流入図る

サウジアラビアの資本市場局(CMA)責 任者ジャマーズ・アル・スハイミ氏は9日、首都リヤドで講演し、同首都付近 に金融地区を建設する計画を明らかにした。サウジはこれにより、国際的な銀 行と仲買業者の同国誘致による国外投資資金の流入を図る。

アル・スハイミ氏は、同地区が0.6平方マイル(約1.6平方キロメート ル)に及び、アブドゥラ王金融地区と呼ばれることになると述べた。同氏によ ると、同地区にはCMA本拠地と株式取引所が置かれ、「銀行と金融機関、保 険会社、法律事務所が選好する場所」になるとの見方を示した。

CMAによると、新地区開発費用は250億-350億サウジ・リヤル(約 7400億-1兆400億円)で、2010年に完了する見込み。オフィスの床面積は 300万平方メートル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE