トヨタ、4月の米自動車販売で初の3位-ダイムラークライスラー抜く

大手自動車メーカーが2日発表した4月 の米国自動車販売統計によると、トヨタ自動車はダイムラークライスラーを抜 き、月間ベースで初の3位となった。アジア勢は市場シェアが過去最高付近と 依然好調だった。

トヨタの販売台数は前年同月比4.5%増の21万9965台と、ダイムラーク ライスラーの21万1395台を上回った。新車販売台数に占めるアジアの自動車 メーカーのシェアは39.7%と、過去最高を記録した昨年10月の40 %以来の 高水準だった(オートデータ調べ)。ホンダの販売台数は同2.6%増、韓国の ヒュンダイモーターカンパニー(現代自動車)は同0.2%増、日産自動車は同

5.3%減だった。

CSMワールドワイドのアナリスト、ジョー・ラングレー氏は「これは今 後の展開の前兆だ」とし、「トヨタが向こう1年半に投入を予定している製品 は大いに期待できる」と語った。

アジア勢は小型車に重きを置いているため、ガソリン価格高騰の状況で優 位に立っている。

日産自動車の販売・マーケティング責任者、ジェド・コネリー氏はこの日 インタビューに答え、「消費者は燃費の良い自動車を選別している」とし、 「コンパクト車『セントラ』は投入してから数年が経過しているが、先月の需 要は力強かった」と語った。

米国内では、ガソリンの平均小売価格は今週1ガロン当たり2.92ドルと、 昨年10月以来の高水準となっている(米エネルギー省)。

4月の米国の自動車販売全体では前年同月比3.7%減の145万台だった。 ゼネラル・モーターズ(GM)が同11%減少の33万9796台、フォード・モ ーターが同6.6%減の26万2722台だった。