コンテンツにスキップする

NTT:次世代網のフィールド実験実施へ-高品質IP電話や映像(3)

持ち株会社NTTの和田紀夫社長は31日、都 内で記者会見し、同グループが次世代ネットワークの本格導入を前に、技術確認を 行うためのフィールドトライアルを実施すると発表した。これにより、国際標準化 の動きに合わせ、音声からハイビジョンクラスの映像配信までのネットワーク機能 のほか、サービスとしては高品質のIP電話、高品位の映像配信などを提供する。 昨年11月に発表した「NTTグループの中期経営戦略の推進」の一環。

実施予定期間は2006年12月から約1年間で、エリアは首都圏と大阪エリアと している。アプリケーションや端末関連のインターフェースの提示や他のネットワ ークとの総合接続条件の提示を行うことで、情報家電ベンダーやサービスプロバイ ダー、他キャリアのほか、放送局や地方自治体、また医療機関などの参加も見込ん でいる。

事業者向けには7月をメドに相互接続条件の提示を行い、受付を開始する、一 般の顧客については、来年4-12月を対象にモニターの募集・選定を行う。

和田社長は、「クローズでやるつもりはない」として基本的にはオープンな形 でトライアルを実施するとの考えを示した。ただ、具体的な受け入れについては、 「ケースバイケースで対応する」と述べた。

光ファイバー純増数

和田社長はまた、2006年3月期の期末を迎えたことを受け、NTT東西の光 ファイバーの純増数が予想の「180万(回線)には届かない」との認識を示したう えで、170万回線は上回るとの見通しを示した。また、来期については、予想の 270万回線の達成は可能だとの見通しを示した。

竹中懇談会

竹中平蔵総務大臣の「通信・放送の在り方に関する懇談会」で、話題に上って いるNTTグループの分離については、サービスを安定的に、しかも柔軟に提供で きないとして分離については反対の考えを示した。また、NTT研究所については 「キャリアとして研究・開発を手放すつもりはない」との認識を示した。

NTTの株価終値は前日比1万3000円(2.5%)安の50万5000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE