ソフトバンク、11行から協調融資獲得へ-ボーダフォン日本法人買収で

ソフトバンクは、携帯電話大手の英ボーダ フォンの日本法人(以下、ボーダフォン)買収に向け、約11行の銀行から協調 融資を受ける見通しだ。融資にかかわる銀行関係者が29日までに明らかにした。 買収価格は1兆8000億円と、アジアで最大のLBO(レバレッジドバイアウト) となる。

銀行関係者が匿名を条件に語ったところによると、ソフトバンクは1兆 2000億円を借り入れる見通し。このつなぎ融資は、1年後には社債またはより 長期の融資に切り替えられる。

買収によりソフトバンクは、日本の携帯電話加入者の17%を握ることにな る。17日に発表された合意によると、ソフトバンクは4月4日までに買収代金 を調達しなければ、買収合意が無効となる可能性がある。

関係者によると、ドイツ銀行とみずほフィナンシャルグループ(FG)が 協調融資の幹事を務める。バークレイズ、カリヨン、シティグループ、三菱東 京フィナンシャル・グループ、三井トラスト・ホールディングス、農林中央金 庫、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド、三井住友フィナンシャルグル ープ、WestLBも協調融資に参加する可能性がある。

LBOでは買収対象企業の名義で資金調達が行われる。ボーダフォンはT IBOR(東京銀行間貸出金利)に2ポイント余り上乗せした金利を支払うと みられる。直近の3カ月物TIBORは0.1282%。

買収に向けた資金調達ができない場合、ソフトバンクは英ボーダフォンに 600億円の違約金を支払うことになっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE