新雇政策めぐりフランス全土で抗議デモ、労組や学生ら300万人参加

フランスの新しい雇用対策に反対する学生 や労働組合員が28日、パリ市街をデモ行進した。フランス全土でも若者雇用策 「初期雇用契約(CPE)」の撤回を求めて抗議デモが展開された。一部の参加 者が解散を拒否して警察当局と衝突し、警官が催涙ガスを発射する騒ぎも起きた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。