【米個別株】イーライ・リリー、モンサント、レベル3、レキサー

28日の主な銘柄は以下の通り。

アンダーソンズ(ANDE US):3.50ドル(5.1%)高の71.90ドル。ウォール街の コメンテーター、ジム・クレーマー氏は、穀物販売・倉庫経営のアンダーソンズを推 奨した。同社は米東部で最大のエタノール工場建設で恩恵を受ける見通しであり、他 企業のエタノール工場のために穀物貯蔵施設を建設する可能性があるとした。

チャールズ・アンド・コルバード(CTHR US):2.16ドル(16%)安の11.32ドル。 ダイヤモンド代替品メーカーのチャールズ・アンド・コルバードは発表資料で、今四 半期の売上高が750万―840万ドルとなり、前年同期の1120万ドルを下回る見通しを 示した。K&Gクリエーションズからの「受注の大幅減少」が原因だと説明した。

イーライ・リリー(LLY US):2.29ドル(3.9%)安の56.38ドル。メリルリンチ のデービッド・ライシンガー氏は医薬品大手、米イーライ・リリーの株式投資判断を 「買い」から「中立」に引き下げた。フリードマン・ビリングズ・ラムゼイのアナリ スト、デービッド・モスコウィッツ氏も同社の株式投資判断を「マーケットパフォー ム」から「アンダーパフォーム」に引き下げた。

エルクコープ(ELK US):3.42ドル(9.4%)安の32.82ドル。建材メーカーのエ ルクコープは発表資料で、2006年度第3四半期(1-3月)の1株当たり利益見通し を40-43セントと、前回見通しの同50-53セントから下方修正した。同社は、ハリ ケーンの被害を受けたフロリダ州での売り上げが予想を下回っていることに加え、ア スファルトや輸送費用をその理由に挙げた。

レベル3コミュニケーションズ(LVLT US):71セント(16%)高の5.18ドル。 米高速データ通信のレベル3コミュニケーションズは28日、第1四半期の減価償却前 営業利益見通しを1億4000万-1億5000万ドルとし、2月時点の自社見通しの1億 500万-1億2500万ドルから上方修正した。

レキサー・メディア(LEXR US):61セント(6.6%)安の8.71ドル。デジタルカ メラ用メモリーカードを製造するレキサー・メディアは発表資料で、第1四半期(1 -3月)決算が2200万-3000万ドルの損失、売上高は1億-1億3000万ドルとの見 通しを示した。調査会社トムソン・ファイナンシャルがまとめたアナリスト調査の予 想では、売上高は1億9980万ドル。

ルビーズ(LUB US):3.63ドル(23%)安の12.28ドル。米南部でカフェテリア・ チェーンを運営するルビーズは、第2四半期(2005年12月-06月2月)の1株利益 が12セントとなったと発表した。サンダース・モリス・ハリスのアナリスト、ウィリ アム・ハミルトン氏は、17セントと予想していた。

モンサント(MON US):2.89ドル(3.6%)高の83.45ドル。シティグループのア ナリスト、P・J・ジュブカー氏は、遺伝子組み換え作物生産で最大手のモンサント の2006年1株利益見通しを2.60ドルとし、従来の2.54ドルから上方修正した。今後 1年間の株価目標は90ドルから95ドルに引き上げた。