訂正:ライブドア社長:USENとの提携、3分野で具体策検討へ(2)

ライブドアの平松庚三社長は24日、日本外 国特派員協会で記者会見し、提携を決めたUSENと共同で取り組む事業の内容 について、「メディアコンテンツ」「法人向けサービス」「技術・インフラ事 業」の3分野に分けて検討を進めることを明らかにした。

USENは光ファイバーを通じてインターネット事業を展開している。平松 社長によると、両社は23日に会合を持ち、両社でつくる業務提携推進委員会に 3分野の分科会を設けることで合意したという。会合には、平松社長とUSEN の宇野康秀社長の両トップらが出席した。

平松社長は会見で、会合での宇野社長について、長年時間を共有してきたパ ートナーのような印象を持ったと述べ、ともに最大限柔軟に対応することで合意 したと語った。また、非常に近いうちに両社での最初のビジネスに関する決定を 発表できるのではないか、との見通しを明らかにした。

USENは16日、ライブドアとの業務提携を発表。フジテレビジョンが保 有するライブドア株式の13%を宇野社長個人が95億円で買い取った。USEN とライブドアはインターネット関連事業中心に共同で事業を手掛けることで合意 している。

平松社長は、ライブドアの収益の柱でもある金融事業面での提携や支援を、 USEN以外の企業に求めることについては、「現時点では考えていない」と述 べた。

堀江被告の保有株

現在も筆頭株主である前社長の堀江貴文被告の持ち株については「コントロ ールできないものだが」と断りながらも、持ち株比率の低下を望む考えを示した。 堀江被告はライブドア株17.3%を保有しており、宇野氏は第2位の株主。

ライブドアとライブドアマーケティングの株式は、東証が4月14日付で上 場を廃止する決定をしており、これ以降は市場での株取引は不可能となる。

ただライブドアの株価は、USENの支援による事業再建への期待や、マネ ーゲームの思惑が交錯する形で反発し、23日には終値ベースで100円を回復。 24日も前日比7円(6.0%)高の121円で取引を終了し、終値ベースで1月27 日以来となる120円台を回復した。ライブドアマーケティングの24日株価終値 は同29円(8.5%)高の369円。

--共同取材 若尾藍子、小笹俊一 Editor : murotani(kzt)

(813)3201-8694 kmatsuda@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

(813)3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

テオ チャンウェイ Teo Chian Wei (81)(3)3201-3623 or cwteo@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE