市場の【視点】持ち合い解消再来も、近づく買取機構の足音-株高表裏

新年度入り後の日本株を取り巻く需給環 境は、外国人投資家による買い姿勢が継続するとの見方や、将来的な金利上昇 を見越して国内機関投資家が債券から株式への資金シフトを進めると予想され るなど、市場では明るい話題に事欠かない。“貯蓄から投資へ”の姿勢を強め つつある個人の動きも、こうした楽観ムードに拍車を掛けている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。