米グーグル、S&P500種株価指数に採用へ-時間外取引で株価上昇

S&P500種株価指数を算出するスタン ダード・アンド・プアーズ(S&P)は23日、インターネット検索サイト運 営の米グーグルをS&P500種株価指数構成銘柄に採用すると発表した。グー グル株は2004年8月の上場以来、約4倍に上昇している。

指数採用は株価上昇要因となる。S&Pによると、4兆ドル(約470兆 円)余りの資金が、S&P500種株価指数を指標とするファンドに投資されて いる。約1兆1000億ドルは同指数の銘柄構成を完全に反映しているという。

グーグル株は発表を受けて、時間外取引で一時25.40ドル(7.4%)高 の367.29ドルとなった。

米石油・ガス会社コノコフィリップスによって買収される同業の米バーリ ントン・リソーシズは、指数から除外される。銘柄入れ替えは3月31日の取 引終了後に実施される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE