ルクセンブルクの鉄鋼労働者:ミタルによる買収案提示は「海賊行為」

ルクセンブルクに住む引退した元鉄鋼メー カー労働者、アーマンド・ボーシュ氏(68)は、自宅のキッチンテーブルをた たき、アルセロールに対するミタル・スチールの敵対的買収案の提示を「海賊行 為だ」と断じた。世界2位の鉄鋼メーカー、アルセロールは、ルクセンブルク最 大の雇用主であると同時に最大手企業でもある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。