韓国の国民銀、外換銀の経営権取得で合意-韓国史上最大のM&A

韓国最大の銀行、国民銀行は、韓国外換銀 行の経営権を7兆ウォン(約8400億円)で取得することで合意した。事情に詳 しい関係者2人が23日、明らかにした。韓国のM&A(合併・買収)案件とし ては過去最大規模。

国民銀は、米投資ファンドのローン・スター・ファンズなどが保有する外 換銀の株式70.9%を1株当たり1万5400ウォンで取得する。国民銀が外換銀に 経営権取得案を初めて提示した時の株価を20%上回る水準。

外換銀の株価は、過去最高益を追い風に昨年1年間で64%上昇。同行の経 営権を2年半前に取得したローン・スターは、持ち株売却により30億ドル以上 の利益を上げることになる。韓国における買収ファンドの売却益としては過去 最高。

国民銀のカン・ジョンウォン最高経営責任者(CEO)は先月8日、国内 での競争が激化するなか、買収による事業拡大の必要性を強調していた。英ス ターダード・チャータード銀行は昨年、商業銀行韓国7位の韓国第一銀行を買 収、米シティグループは同6位の韓美銀行を買収している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE