コンテンツにスキップする

ソフバンク株続伸、ボーダフォン日本法人の買収を市場が好感

ソフトバンクの株価が前週末比4.1%高で取引 成立。同社が英ボーダフォンと、1兆7500億円でボーダフォン日本法人を買収する ことに正式合意したことが材料視され買いが膨らんでいるようだ。

ソフトバンクの株価は午前9時12分現在、前週末比130円(4.1%)高の3270 円で取引されている。この日は買い気配で始まり、株価は一時同4.5%高の3280円 まで上昇した。

今回の買収で、ソフトバンクはNTTドコモ、KDDIに次ぐ国内3番目の総合 通信事業者になる。市場では今回の買収に関しておおむね評価する見方が有力で、ム ーディーズが17日、買収成立の発表を受けて同社格付けを引き上げ方向で見直しに 入ったことも支援材料となっているようだ。

立花証券の平野憲一情報企画部長は買収発表後、「市場は好材料として歓迎ムー ドで買いは継続するのではないか」という。また、独立系投資顧問のアセットアライ ブ代表取締役、下川勝彦氏は「今回の買収が直近の株価にプラスかマイナスかと問わ れればプラス作用だ、ムーディーズの格付見直し発表も株価に対するポジティブ評価 を支援する形となりそうだ」との見方を示す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE