米AIG10-12月期:72%減益、不正会計問題の和解費用が業績圧迫

保険最大手の米アメリカン・インターナシ ョナル・グループ(AIG)が16日発表した第4四半期(2005年10-12月) 決算は、不正会計問題での当局との和解費用16億4000万ドル(約1918億円) が響き、前年同期比で72%減益となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。