サッカーW杯効果、携帯電話会社の売上高63.5億ドル増加も―調査

6月に開幕するサッカーのワールドカッ プ(W杯)に関連したサービス需要から、携帯電話会社の売り上げは63億5000 万ドル(約7476億円)増加する見通しだ。英調査会社ビジョンゲインが14 日、調査結果を公表した。

それによると、携帯電話会社のW杯関連の売上高で最も大きく貢献すると みられているのは、テキストベースのサービスや、サッカー関連のロゴや着信 音などのダウンロードサービスだという。

W杯の試合結果をめぐって利用者が賭けを行うことも、携帯電話会社の収 益に寄与する見通し。一方、携帯電話でテレビ中継を見る第3世代技術は十分 に浸透しておらず、需要は限られたものになる見通し。

国際サッカー連盟(FIFA)の予測によると、1カ月にわたるW杯の全 64試合のテレビ視聴者は合計300億人に上り、2004年開催のアテネ五輪の7 倍に達する見通し。英賭け業者ウィリアム・ヒルによると、W杯をめぐる賭け は世界全体で今年10億ポンド(約2055億円)に達する見通し。

W杯はドイツで6月9日から7月9日まで行われる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE