上海の銅先物相場:続伸-消費業者の需要が拡大するとの観測高まる

14日の上海銅先物相場は続伸。ケーブル やワイヤメーカーなど中国の消費業者の銅需要が拡大しているとの観測から買わ れた。同国は世界最大の銅消費国。

上海大陸フューチャーズの金属トレーダー、王崢氏は電話インタビューで 「中国の春節(旧正月)以来、銅相場は大幅に下落し、消費業者の買いに拍車が 掛かっている」と指摘。「在庫が低水準にあることに加え銅消費がピークの時期 に近づいていることも相場が上向く要因となっている」との見方を示した。

銅需要が生産を上回ったため銅相場はこの3年間でほぼ3倍に上昇し、製造 業者は在庫の取り崩しを迫られている。英コンサルタント会社、ブルームズベリ ー・ミネラルズ・エコノミクスは2月20日、世界の銅需要がことし5.9%増の 1780万トンとなり、4年連続で生産を上回るとの見通しを示した。

上海先物取引所の銅先物相場5月限は、前日比最大610元(1.3%)高の 1トン当たり4万6580元となった。上海時間午前11時半現在、同4万6370 元で取引されている。過去最高値の4万9230元を付けた2月7日以降、5.8% 下落している。

原題:Shanghai Copper Futures Rise for Second Day on Increased Deman