ライブドア、ライブM株は来月14日に上場廃止、有証偽装明確に-東証

東京証券取引所は13日、ライブドア株式 とライブドアマーケティング株式を4月14日に上場廃止にすることを決定した と発表した。証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の容疑で証券取引 等監視委員会がライブドアを東京地検に告発したことを受け、上場廃止基準に 抵触する有証偽装が明確になったと判断した。

東証はライブドア株とライブドアM株を3月14日から、上場廃止を投資家 に知らせる整理ポストに割り当てる。ここで4月13日まで1カ月間売買した後 に上場廃止にする。上場廃止基準には「有証などを虚偽記載し、影響が重大と 東証が認めた場合」(2条1項11号)があり、ライブドアはこれに抵触した。 カネボウと西武鉄道もこの適用で上場廃止になっていた。

ライブドアMについては「投資判断にとって重要な情報を故意に偽った点 で悪質で公益または投資者保護のため」上場廃止にする。

上場廃止になれば取引所での売買はできなくなり、株券が投資家に返され ることになる。これを見越した形で大手証券は、整理ポストに割り当てられた 銘柄の自社への株券移管を相次いで停止している。野村証券は2月15日、大和 証券は3月3日、日興コーディアル証券は3月6日からそれぞれ受け入れを止 めた。

ネット証券最大手のイー・トレード証券も10日、整理ポスト銘柄の受け入 れを8日から停止していると発表した。

ライブドア株とライブドアMは上場廃止の恐れがあると周知する監理ポス トで売買されていた。東証は1月23日、ライブドア前社長の堀江貴文被告の逮 捕を受け、「公益や投資者保護のため、東証が上場廃止を適当と認めた場合」 (2条1項17 号)の規定を適用した。その後、堀江被告が有証偽装容疑で再逮 捕された2月22日に、ライブドア株については監理ポスト割り当て理由に有証 偽装の項目を追加していた。

ライブドア株をめぐっては、堀江被告に次ぐ2位株主のフジテレビジョン が損害買収請求で提訴する構えを示している。また、ライブドア株主被害弁護 団(団長:米川長平弁護士)も9月をめどにライブドアや堀江被告を相手取り、 損害賠償の民事訴訟を起こす方針を示している。

ライブドア株の終値は、前週末と同じ66円。

--共同取材 東京 堤紀子 Editor :Abe

竹本 能文 Yoshifumi Takemoto (813)3201-8374 ytakemoto@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo (813)3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Peter Langan (813)3201-7241 plangan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE