証券監視委:ライブドアや堀江容疑者ら5人を告発-粉飾決算容疑(2)

証券取引等監視委員会は13日、ライブドア グループの証券取引法違反事件で、ライブドア本体の2004年9月期連結決算を めぐり粉飾決算を行っていたとして、ライブドア前社長の堀江貴文容疑者ら5人 と法人としてのライブドアを証取法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の容疑で 同日、東京地検に告発したと発表した。

告発されたのはほかに、ライブドア前取締役の宮内亮治、ライブドア前取締 役でライブドアマーケティング前社長だった岡本文人、ライブドア前執行役員で ライブドアファイナンス前社長の中村長也、ライブドア前代表取締役の熊谷史人 の4容疑者。

ライブドア本体の04年9月期連結決算をめぐっては、5人が共謀し、複数 の投資組合を通じて自社株を売却、本来は資本剰余金として計上すべき売却益 37億6699万円を売上高に計上したほか、買収予定のキューズネットとロイヤル 信販の2社から広告宣伝費など、実態のない架空売り上げ15億8000万円を計上 して、連結ベースで総額53億4699億円を粉飾した疑い。監視委では粉飾の背景 について、財務内容を良く見せることで株価の高値維持を狙ったものとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE