政府:量的緩和解除を容認、日銀判断をひとまず尊重―物価数値を評価

日本銀行による量的緩和政策の解除の決定 に、政府内からは、日銀の判断を尊重するとともに、中長期的な物価安定の範 囲として消費者物価指数の前年比「0-2%程度」との数値を示したことに対し 「従来より透明性を増す」(谷垣禎一財務相)と評価する声が相次いだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。