福井日銀総裁:当座預金残高削減後もしばらくはゼロ金利が続く(8)

日本銀行の福井俊彦総裁は9日午後、定例記 者会見で、量的緩和解除後の金融政策運営について「(当座預金残高を)削減し ていく過程は基本的にゼロ。その後も恐らくしばらくゼロで、その後に極めて低 い金利、さらには経済物価の情勢に見合った金利水準へ調整(する)。それがど の期間、どれくらいかということは、まったく今後の経済物価情勢次第で、オー プンだ」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。