全銀協会長:今後も日銀の適切な金融政策運営に期待-量的緩和解除で

日本銀行が9日、異例だった量的金融緩和政 策を解除したが、今後の金融政策運営が金利変動へと移っていった場合、影響が 大きいのは銀行業界だ。全国銀行協会の前田晃伸会長(みずほフィナンシャルグ ループ社長)は同日、日銀の決定について「インフレ動向や景気の基調を見極め、 解除の条件が十分満たされたと判断したのだろう」としたうえで、「今後は引き 続き経済や物価動向を踏まえた適切な金融政策の運営を進めていただけるものと 期待している」との談話を発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE