上海の銅先物相場:3日続落-ファンドによる商品の売り拡大を懸念

8日の上海銅先物相場は3日続落。投資家や 投機筋による商品の売りが拡大するとの懸念が高まった。

米商品先物取引委員会(CFTC)の発表によると、ニューヨーク商業取 引所(NYMEX)のCOMEX部門では、2月28日終了週時点で、相場下落 を見込んだ投機筋の売り越しは前週比2129枚(88%)増加した。大口投機筋 が売り越しとなったのは2003年5月以降で2回目。

サウスウエスト・フューチャーズのバイスプレジデント、沈海華氏は8日、 上海からの電話インタビューで「商品への投資熱は冷めてきている」とし、中国 の投機筋による銅など商品の売りにつながっているとの見方を示した。

上海先物取引所の銅先物相場5月限は、前日比最大470元(1%)安の1 トン当たり4万5450元となった。上海時間午前10時2分現在、同4万5530 元で取引されている。

原題:Shanghai Copper Falls on Concern Funds May Sell Commodities