谷垣財務相:長期金利への影響が「関心事」-量的緩和解除で(2)

谷垣禎一財務相は6日午後の参院予算委員 会で、日本銀行の量的緩和政策の解除について、「わたくしたちの1つの関心 は金利に与える影響はどうか。市場にどういう形で今後の透明観を与えるか、 関心を持っていないというわけにはいかない」と述べ、日銀に長期金利の動向 に配慮した対応を求めた。民主党の平野達男氏への答弁。

また谷垣財務相は、財務省関係者が政府代表として日銀の決定会合に出席 することに触れたうえで、「だいぶ世間では、かまびすしくなっているが、現 段階では予断を排して、平静な気持ちで臨まなければならないと思っている」 との姿勢を示した。

決められた方程式はない-経財相

与謝野馨経済財政政策・金融担当相はデフレ脱却の判断や定義について、 「物価が持続的に下落する状況を脱し、再びそうした状況に戻る見込みがない ことを考えている」と説明。そのうえで、「実際の判断に当たっては、需給ギ ャップや単位当りの労働コストなどのマクロ的な物価変動要因を踏まえる必要 があり、消費者物価やGDPデフレータ等の物価の基調や背景を総合的に考慮 して慎重に判断していきたい」と語った。

与謝野経財相はまた、「経済の状況が実質成長率も名目成長率も一定以上 のプラスになり、物価も安定的に推移し、また経済成長に伴う健全な物価上昇 が起こっているという全体の状況を判断する」と述べ、「そこに何か決められ た方程式があるわけではない」との見解を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE