NY原油(午前):反落、在庫は十分との見方-バレル62.95ドル

ニューヨーク原油先物相場は反落、ここ4週 間ぶりの高水準から下げた。在庫が通常の水準を上回っていることを考慮すると、 最近の相場上昇は正当化できないと判断された。原油相場はイランの核開発問題 を背景とした供給不安から上昇していた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。