2月のM&A発表総額は3010億ドル、6年ぶり高水準-大型案件相次ぐ

ブルームバーグ・データによると、ドイツ の電力会社エーオンによるスペインのエンデサ買収提案(350億ドル=約4兆 円)やフランスの電力会社スエズによる仏ガス公社(GDF)買収計画(398億 ドル)などの発表が相次ぎ、2月は世界のM&A総額(発表ベース)が約6年 ぶりの高水準となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。