上海の銅先物相場:3営業日続落-テクニカルチャートが売りを示唆

27日の上海銅先物相場は3営業日続落。一 部トレーダーが相場動向の予想に活用するテクニカルチャートで、さらなる下落 の可能性が高いことが示唆された。

上海の銅相場は、7日に過去最高値の1トン当たり4万9230元に達して以 降、最大8%下落している。24日以降は、20日間移動平均値を下回る水準で取 引されている。移動平均は、一定期間の相場平均値を示すテクニカル分析の指標。

金瑞フューチャーズの先物取引担当マネジャー、鐘敏氏は上海からの電話イ ンタビューで「相場下落は、基本的にテクニカルな要因と心理的な要因によるも のだ」と指摘。「ロンドンの銅相場も下落しており、それが、上海の市場心理に も影響を与えている」との見方を示した。

上海先物取引所の銅先物相場5月限は、前週末比最大330元(0.7%)安の 1トン当たり4万5370元となった。上海時間午前10時16分現在、同4万5570 元で取引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE