低迷していたGE、デルなど大型株が上昇、今年は買いか-米株式市場

米株式市場では、複合企業のゼネラル・エ レクトリック(GE)やパソコン最大手、デルなどの大型株が今月に入り、上 昇している。

サミット・インベストメント・パートナーズ(シンシナティ)で60億ドル 相当の運用に携わるジェームズ・マクグリン氏は、こうした大型株が今年、好 調な株価を維持し、1999年以来初めて市場全体のパフォーマンスを上回ると考 えている。今はリスクの高いセクターが人気で、大型株などの比較的安全な銘 柄は無視され、割安になっていると話す。

マクグリン氏は「私の見たすべてのデータは、大型株がもっと良くなるこ とを示している」と語る。同氏は2002年10月9日、つまり米主要株価指数が 約5年ぶり安値を付けた当日、投資家に株式購入を勧めた実績を持つ。

米小型株や新興市場株などを対象とした指数は今月、過去最高値を更新。 大型株など株式市場をより広くカバーする指数は、小型株よりも速いペースで 上昇しているが、2000年に記録した過去最高値を引き続き下回っている。

時価総額の米上位50社で構成するラッセル・トップ50種指数は、ここ6 年間、S&P1500種スーパーコンポジット指数を上回ったことはない。

今月はラッセル・トップ50種が0.2%高、S&P1500種は0.1%高となっ ている。今月の上昇率はGEが1.9%、デルは1.7%。小型株で構成するラッセ ル2000種指数は0.9%下落している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE