上海の銅先物相場:続伸-力強い需要見込む機関投資家の買いで

22 日の上海銅先物相場は続伸。世界の銅 需要が持続すると見込む機関投資家が、再び買いに動いたとの観測が広がった。 銅はパイプやワイヤの製造に使用される。

米民間調査機関コンファレンス・ボードが21日に発表した1月の米景気先 行指標総合指数(LEI)は、労働市場の改善や製造業の伸びを背景に4カ月連 続で上昇した。バークレイズ・キャピタルのアナリスト、イングリッド・スター ンビー氏は同日、銅の「力強いファンダメンタルズ(需給関係)」から、投資フ ァンドや消費業者が再び買い始めたとの見方を示した。

上海東亜フューチャーズの金属先物トレーダー、袁芳氏は「銅相場は、ファ ンドの動向によって動いている」と指摘した。

上海先物取引所の銅先物相場5月限は、前日比最大540元(1.2%)高の 1トン当たり4万6840元となった。上海時間午前10時7分現在、同4万 6720元で取引されている。