上海の銅先物相場:反発-LME在庫が減少するとの見通しを好感

21日の上海銅先物相場は反発。向こう数 週間に銅在庫が13%減少するとの見通しが示されたことが要因。銅はパイプや 管の製造に使用される。

ロンドン金属取引所(LME)は20日、指定倉庫の銅の倉荷証券、最大1 万3775トン分の引き渡しがあったと発表した。これは、この量の銅が近日中に 倉庫から引き出される可能性があることを意味する。LMEの銅在庫は、過去1 年間でほぼ倍増し、10万5800トンとなっていた。

上海大陸フューチャーズの金属トレーダー、王崢氏は21日の電話インタビ ューで「ロンドンの銅在庫は過去1年間で大幅に増加していたため、これはプラ スの兆候だ」と指摘。「銅在庫が引き出される動きがある」と述べた。

上海先物取引所の銅先物相場5月限は、前日比最大1060元(2.3%)高の 1トン当たり4万6660元となった。上海時間午前10時53分現在、同4万 6280元で取引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE