ナイジェリア武装勢力:シェルの施設や軍用船を破壊―さらなる攻撃警

ナイジェリアの武装勢力は20日、軍用船 を破壊し、石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルのパイプラインを攻撃した。同 勢力は18日にもシェルの輸出基地に火を放ち、9人の人質を取ったばかり。

シェルの広報担当ドン・ボハム氏の電子メールによれば、同社の合弁会社 はこの日、「予防的手段」として、一部の従業員をニジェール川デルタ地域東 部から避難させた。一方、武装勢力はさらなる攻撃を警告している。

同勢力のスポークスマンを名乗る者は電子メールで、「ナイジェリアの輸 出能力を2月に3割落とすとのわれわれの目標達成に向け、今週末からニジェ ール川デルタ地域のさまざまな場所でわれわれの計画する攻撃が始まる」と述 べた。

シェルは19日、同社合弁が日量45万5000バレルの生産を止めたことを明 らかにしている。これはアフリカ1位の産油国であるナイジェリアの一日当た りの生産量の約19%に相当する。また、日量生産11万5000バレルのEAオフ ショア油田などを含むニジェール川デルタ地域西部の採油活動をすべてストッ プしたことで、原油相場は上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE