訂正:世界の未成年者の6人に1人がたばこを消費―医学誌ランセット

世界の未成年者のほぼ6人に1人が、喫 煙やかぎたばこなどの形でたばこを消費していることが、世界保健機関(WH O)と米疾病管理予防センターによる調査で分かった。

医学誌ランセットによると、世界131カ国の13歳から15歳までの生徒 のうち、過去30日間にたばこを消費したのは17%に上ったことが同調査で分 かった。調査は1999年から2005年に実施したもので、約75万人の生徒が 参加した。

たばこ会社は北米や西欧での消費減少を受け、途上国で事業を拡大しつつ ある。WHOは、2020年に喫煙に関連した疾病で死亡する人は倍増し、1000 万人に達すると予測している。米疾病管理予防センターで調査を指導した医師 のチャールズ・ウォレン氏は、これは「控えめな予想」かもしれないと指摘し た。