クレディ・スイス10-12月期:15%増益-プライベートバンク好調

スイスの銀行2位、クレディ・スイス・グ ループが15日発表した第4四半期(2005年10-12月)決算は、前年同期比で 15%増益となった。富裕層向け資産運用部門や株・債券引き受け部門の増収が 寄与した。

純利益は11億スイス・フランと、前年同期の9億5900万フランから増加 した。ブルームバーグがアナリスト8人を対象にまとめた予想中央値は12億 4000万フランで、予想を下回った。総収入は前年同期比10%増の142億フラン。

株式相場の上昇による富裕層向け資産運用業務の増収が、業績を後押しし た。オズワルド・グルーベル最高経営責任者(CEO)は、来年末までに利益 を80億フランに拡大させる計画。ABNアムロ・アセット・マネジメントの運 用担当者、パトリック・レメンズ氏は、「相場が好調なため、目標は達成しや すくなりつつある」と指摘した。

投資銀行部門の純利益は、米大手証券には後れを取ったものの、25%増加 し3億3600万フランに達した。プライベート・バンキング(富裕層向け資産運 用・管理業務)部門の利益は6%伸びて6億5300万フラン。前年同期に赤字だ った保険のウインタートウルは黒字を確保した。

同社は配当を2フランと、04年の1.5フランから引き上げる計画も明らか にした。