上海銅相場:反発-分散投資狙うファンドの買いが続くとの観測高まる

14日の上海銅先物相場は反発。債券や株式 市場を上回るリターン(投資収益)を狙うファンドの買いが継続するとの観測が 高まった。

ロンドンの銅相場は、過去1年間で57%急騰している。一方、23の主要市 場の株価をカバーするMSCI世界指数の上昇率は10%となっている。英スタ ンダード銀行は、ファンドによる商品投資がことし、ほぼ50%増加し、1200億 ドル(約14兆1000億円)に達するとの見通しを示している。

長城偉業フューチャーズ(上海)の銅アナリスト、李榕氏は14日の電話イ ンタビューで「全般的に見て、投機筋による買いが銅相場の上昇を主にけん引し ている」と指摘した。

上海先物取引所の銅先物相場4月限は、前日比最大490元(1.1%)高の1 トン当たり4万7000元となった。上海時間午前10時42分現在、同4万6890元 で取引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE