堀江容疑者きょう起訴、ライブドア幹部の証取法違反-再逮捕も(2)

ライブドア幹部の証券取引法違反事件で東京地 検特捜部は13日、元社長の堀江貴文容疑者(33)=同法違反(偽計取引と風説の流 布)容疑で逮捕=らを起訴する見通し。拘置期限到来に伴う立件で、他の容疑者3 人、法人としてのライブドアと子会社ライブドアマーケティングも対象に含まれる 可能性もある。

地検特捜部は堀江容疑者、実質ナンバー2の元取締役の宮内亮治容疑者、ライ ブドアマーケ元社長の岡本文人容疑者、ライブドアファイナンス元社長の中村長也 容疑者を証取法違反で1月23日逮捕した。13日に拘置期間が切れる。

特捜部は、ライブドアが実質支配していたマネーライフ社をライブドアマーケ が買収したこと、およびその際の株式交換でマ社の価値を過大評価して比率を算定、 ライブドアマーケ株式を過度に発行させた行為が偽計取引に当たるとみている。

さらにその後にライブドアマーケが発表した2004年度第3四半期純利益などが 赤字だったにもかかわらず、架空売り上げにより黒字を装うなど虚偽の発表を行っ たとして風説の流布に当たると判断した。ライブドアはこうした行為でライブドア マーケの株価をつり上げ、高値で売り抜けて利益を得たと特捜部はみている。

ライブドアの証取法違反事件は、起訴により裁判所を含めた新たな段階に進展 する。取引所での株式上場維持や日本経団連会員の問題などがより現実味を帯びて 議論されることになる。また、特捜部はライブドア本体の決算でも粉飾があったと みて起訴後に堀江容疑者らを有価証券虚偽記載容疑で再逮捕する方針も固めている。

これに先立ち証券取引等監視委員会は10日、堀江容疑者ら4人、ライブドアと ライブドアマーケを証取法違反の容疑で東京地検に告発していた。

内偵で十分な確信

最高検察庁でナンバー2の次長検事(刑事部長兼務)を昨年7月に退官したば かりの町田幸雄弁護士(西村ときわ法律事務所)はインタビューで、一連の地検特 捜部の動きについて、「非常に難しい案件をよく摘発しており、かなり実態を把握 して余裕をもっているという印象。内偵の段階で立件に十分な確信を持っていたと 想像している」と述べた。

ライブドアは堀江容疑者がIT(情報技術)に強く、税理士の宮内容疑者が経 理処理に精通している。このため、ITを駆使すると同時に投資ファンド、子会社 や海外法人を絡めた複雑な資金の流れを組んで経理処理を進めていたもよう。こう した仕組みの概要を特捜部は承知したうえで摘発したとの見方だ。

さらに実際の強制捜査(1月16日)の際には、株式取引が終了した夕刻から着 手して「市場への影響に配慮した」(町田弁護士)。膨大な資料を押収するため家 宅捜索は通常午前から手掛けるが、マーケットへの影響まで読んだ対応が可能なほ ど全体像をつかんでいたとしている。

今後の焦点については「ライブドアの経理の実態が問題であり、実際の経理が どうだったかが一番の重要」との基本線を示した。

起訴後

堀江容疑者らの起訴後、膨大な資料を握る検察官が公判に提出する証拠を選別、 堀江容疑者らの弁護士とすり合わせをする。容疑者4人と法人2社で6人の弁護士 がつく見込みで、この手続きに2-3カ月かかる見通し。その後に公判が始まる。

起訴後に堀江容疑者らは未決という立場で当初は2カ月間拘置され、その後1 カ月ごとに期間更新が必要かどうかを裁判所が判断する。保釈請求が認められれば 釈放されるが、証拠隠滅の恐れがあれば裁判所が認めない。容疑を否認していても 証拠隠滅の恐れがないと裁判所がみれば、釈放されることになる。

再逮捕された場合は、拘置請求期間と20日間の拘置期間という手続きが繰り返 されることになる。

買収劇から1年

堀江容疑者は、六本木ヒルズのレジデンス(居住棟)に住み、家賃は月200万 円以上と言われた。自家用のビジネスジェットを買ったのは昨年秋。自身のブログ には「会社の金は一銭も使ってません。全部自分の金で買って運用してます」と記 している。その「世界展開が本格化するタイミング」(ブログ)はまさに特捜部の 内偵が始まった前後と重なる。

現在は東京・小菅の東京拘置所内にいる。通常は居住棟の個室にいて、取り調 べの際には地検の分室のような取調室に移動する。ブログの大半に食べ物のことを 書き込んでいた堀江容疑者は美食家として知られる。いわゆる囚人ではない堀江容 疑者は、弁当を取り寄せることが可能。拘置所の食事も決して粗末ではないという。

新聞の閲覧も可能なようだが、ライブドアに少しでも関連する記事はすべて消 されているもよう。

ニッポン放送の株式を35%取得、ネットと通信の融合を旗印にフジテレビジョ ンと経営権争いを開始したのは1年前の2月8日。この抗争は最終的に和解してラ イブドアはフジテレビから合計で1474億円を手に入れた。その資金を元に堀江容疑 者はM&A(合併・買収)を繰り返し、ライブドアグループを形成していった。

同時に9月の衆院総選挙に立候補、自民党が実質的に後押しをして「刺客」候 補の1人として日本中が注目した。マスコミは堀江容疑者を「時代の寵児」ともて はやし、テレビ局はタレント扱いをした。その契機ともなったニッポン放送劇から ちょうど1年で堀江容疑者は岐路に立つことになった。

ライブドア株の10日終値は、前日比14円(13%)安の91円。ライブドア株取 引は午後2時から1時間のみの特例措置が取られている。

--共同取材 東京 竹本能文、鈴木偉知郎、若尾藍子 Editor : Okubo(Hoz)