自民幹事長:成長や改革は間違いでない、格差社会の批判に反論-民放

自民党の武部勤幹事長は12日午前、テレビ 朝日の報道番組に出演し、小泉政権の構造改革が社会格差を拡げているという 批判に対して、「成長が悪のような、改革が間違いであるかのような印象を国民 に与えるのはよくないと思う」と述べ、改革推進の方針に変わりないとの考え を示した。

武部氏はさらに、小泉改革について「一人ひとりの創意工夫を目指した自 立経済社会をつくっていく改革だ」とし、そのために、「最終的には道州制を目 指して、地方でできることは地方にませ」、「民間のできることは、官のリスト ラをして、民間がどんどんやっていく」との方針を示した。