MGMミラージュ:マカオのカジノ事業に7億ドルの融資獲得

【記者:Patricia Kuo】

2月9日(ブルームバーグ):世界2位のカジノ運営業者MGMミラージ ュは9日、同社が初めて携わるマカオのカジノ事業に向けて、7億ドル(約 830億円)の融資を獲得したと発表した。

MGMミラージュは、マカオで10億6000万ドル規模のカジノとホテル を建設しており、2007年下期の開業を計画している。同事業は、地元資産家 スタンレー・ホー氏の娘、パンジー・ホー氏との合弁事業。スタンレー・ホー 氏はマカオのカジノ事業17件のうち15件を運営している。

MGMミラージュによると、同融資を取りまとめるのはバンク・オブ・ア メリカ(BOA)とHSBC、中国銀行、BNPパリバ、BNU、中国建設銀 行、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)、三井住友銀行。