上海の銅先物相場:反発-需要の伸びが供給上回るとの観測背景

9日の上海銅先物相場は反発。世界最大の銅 消費国である中国主導の需要拡大に、供給の伸びが追いつかないとの観測が広が った。銅相場は8日、前日比2.9%急落した。

米モルガン・スタンレーは1月、世界の銅需要がことし、5.2%増の1780 万トンとなり、生産量を14万7000トン上回るとの見通しを示した。上海の銅 相場は、過去1年間で65%上昇している。

銀河フューチャーズの非鉄金属調査部門責任者、車紅雲氏は9日、北京から の電話インタビューで、「強気相場はまだ終わっていない。ファンダメンタルズ (需給関係)は、力強さを維持している」との見方を示した。

上海先物取引所の銅先物相場4月限は、前日比一時720元(1.5%)高の 1トン当たり4万8180元となった。上海時間午前11時17分現在、同4万 8020元で取引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE