上海銅・アルミニウム相場:2日連続で最高値更新-ファンドの買いで

上海の銅相場とアルミニウム相場は7日、2 日連続で過去最高値を更新した。春節(旧正月)の休暇が終わり、投資ファンド による買いが入った。

上海先物取引所の銅先物相場4月限は、現地時間午前9時41分現在、前日 比1630元(3.4%)高の1トン当たり4万9230元で取引されている。ロンド ンとニューヨークの銅相場は6日、ともに過去最高値を更新した。

長城偉業フューチャーズの銅アナリスト、李榕氏は7日、上海からの電話イ ンタビューで「ファンドが非鉄金属相場を力強く押し上げている」と指摘。中国 国内の加工業者の需要を背景に、同国の非鉄金属相場はロンドンを上回るペース で上昇しているとの見方を示した。

アルミニウム先物相場(5月限)は、値幅制限いっぱいの4%上昇し、前日 比870元高の1トン当たり2万2800元となった。

李氏は「上海のアルミニウム先物の出来高は急増し、トレーダーのアルミニ ウム相場への自信が高まっていることを示唆している」と述べた。また、銅相場 の上昇が「行き過ぎ」であるため、現在の銅の出来高は、通常の約40%にとど まっているとの見方を示した。