訂正:新日石:10-12月期連結純利益は10%減-通期26%上方修正

石油元売り最大手、新日本石油は2005年10 -12月期の連結純利益が前年同期比10%減の394億円となったと発表した。一 方、05年4-12月期の連結純利益は、前年同期比19%増の1213億円。原油価 格の上昇によって在庫評価益が発生したうえに、石油開発部門の利益も押し上げ られた。

06年3月通期の連結純利益見通しは従来予想比26%増の1530億円に上方修 正した。

原油価格が上昇すると、石油開発事業の増益要因となる。また在庫評価に総 平均法を採用している新日石の場合、期初の保有在庫が割安となり、売上原価 (コスト)を押し下げる効果がある。

4-12月期の連結売上高は、前年同期比22%増の4兆3104億円、営業利益 は同48%増の2305億円。寒波の影響などで灯油や電力向けC重油の需要が伸び たことから、原油込みの内需向け販売数量は約2%増の4186万キロリットルと なった。

通期予想を上方修正

同社は原油価格が当初想定よりも高値で推移していることから、06年3月 通期の業績予想を修正した。連結売上高は従来予想比6%増の6兆1100億円、 経常利益は同30%増の3000億円、純利益は同26%増の1530億円を見込む。前 提条件は、2月以降のドバイ原油が55ドル、為替相場は1ドル=115円。

ブルームバーグ・データによると、4-12月期の中東産ドバイ原油の平均 価格はバレル当たり52.03ドル(前年同期は34.88ドル)で、2日終値は60.56 ドル。4-12月期の為替相場は1ドル=112.01円(同108.48円)で、2日時点 は118.41円。

新日本石油の株価終値は前日比13円(1.4%)安の919円。