コンテンツにスキップする

米グーグルの10-12月期:82%増益-市場に失望感

インターネット検索サイト運営の米グーグ ルが31日発表した第4四半期(10-12月)決算は、広告収入が伸び、前年同期 比82%増益となった。

純利益は3億7220万ドル(1株当たり1.22ドル)と、前年同期の2億410 万ドル(同71セント)から増えた。広告を掲載する他のサイトに支払う料金を 差し引いた売上高は12億9000万ドルとなり、ジェフリーズのアナリスト、ユ ーセフ・スクワリ氏の予想(12億8000万ドル)を上回った。総収入は19億2000 万ドルだった。

決算内容は、より高い期待を抱いていた市場を当初失望させた。一部投資 家は、株価が割高との懸念を払しょくするような内容を期待していた。

一部項目を除いたベースの利益は1株当たり1.54ドルとなり、スクワリ氏 の予想の1.78ドルには届かなかった。調査会社トムソン・ファイナンシャルが まとめたアナリスト31人の予想平均では同1.76ドルが見込まれていた。

決算は通常取引終了後に発表された。株価は時間外取引で一時、421.60ド ルに下落した。通常取引終値は5.84ドル(1.4%)高の432.66ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE