コンテンツにスキップする

フジテレビ会長:ライブドア業績が上がっているか見極め-支援策で(2)

国内民放最大手フジテレビジョンの日枝久会長 は27日午前、自宅前で記者に対しライブドアを支援するかどうかの問題について、 ライブドアが前社長の堀江貴文容疑者と縁を切ったことは重要ではなく、あくまでラ イブドアの新経営陣による経営業績が上がっているか、見極めてから判断すると述べ た。また、ライブドア買収や支援などは「選択肢の一つであり、現時点では何も決ま っていない」と強調した。

日枝氏は、重要なことは「ライブドアの新しい経営陣がどのような経営を行うの かだ。その方針を聞かせてほしい。外から見てどうこう批判するのは失礼」とし、 「経済活動として、投資はリターンを(得ることが)できるか、できないか」だとし て、昨年ニッポン放送の経営権をめぐる争いの和解により440億円を出資している投 資先であるライブドアの今後の経営方針や業績を注視していく意向を示した。

さらに日枝会長は、きょう午後にもライブドアとのトップ会談が行われるとの一 部報道に対しては、「今はまだそのようなスケジュールは聞いていない、会社に行っ て確認する。ただ、ライブドアの平松庚三社長が就任直後に挨拶をしたいと連絡して きているのは事実」と認めた。また、トップ会談が行われた場合は、「ライブドア側 から株式を長期で保有してほしいと言ってくる可能性もある」との見通しを示した。

そのうえで、「話を聞いてみないと分からない。また会ったとしても最初は挨拶 程度で、突っ込んだ話にはならないだろう」との見方を示し、支援策などについては、 「すぐにも決まる問題ではない。デューデリジェンス(企業の適正評価手続き)をし て見極める必要があるが、今は出来ない」と語った。

フジテレビはライブドアの第2位の株主で、24日付で保有するライブドア株の 売却が可能になったと発表している。

フジテレビの午前の株価終値は前日比7000円(2.3%)安の30万1000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE