コンテンツにスキップする

上海の銅先物相場:3日続伸-経済成長の伸び背景に供給懸念高まる

25日の上海銅先物相場は3日続伸。中国国 内のケーブルやワイヤメーカーの需要が供給を上回るとの観測が高まった。中国 は、世界最大の銅消費国。

中国国家統計局が25日発表した同国の2005年国内総生産(GDP)は、前 年比9.9%増となった。輸出と固定資産投資が伸び、中国の経済規模はフランス を抜いて世界第5位となった。04年は10.1%成長だった。経済成長を背景に、 電力供給拡大に必要な銅線や銅管の需要に拍車が掛かっている。

また、中国税関当局の同日の発表によると、昨年12月の銅の輸入量は39% 減となり、国内供給は縮小している。

サウスウエスト・フューチャーズのバイスプレジデント、沈海華氏は上海か らの電話インタビューで「中国では、ことしも銅の供給不足が続くだろう」と指 摘した。

税関当局によると、中国の05年の銅輸入量は130万トンだった。沈氏は 「精錬銅の輸入量は、ことしも100万トンを上回り、高水準が維持されるだろ う」との見方を示した。

上海先物取引所の銅先物相場4月限(中心限月)は、前日比最大450元 (1%)高の1トン当たり4万4300元となった。上海時間午前11時10分現在、 4万4220元で取引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE