コンテンツにスキップする

ヤフー:10-12月の連結純利益37%増の126億円-広告収入増(3)

インターネットのポータル(玄関)サイト国内 最大手のヤフーが23日発表した2006年3月期第3四半期(10-12月)の連結純利 益は前年同期比37%増の126億円となった。広告収入が順調に伸び、売り上げ、経 常利益とも事前予想の想定範囲内だったが、純利益は株式売却益の計上から予想範 囲を上回り、過去最高を更新した。

第3四半期の連結売上高は、同51%高の466億円、営業利益は同37%増の211 億円、経常利益は同33%増の206億円だった。また特別利益にはヤフーコリアの株 式売却に伴う9億4000万円の利益を計上した。

メディア事業部とリスティング事業部の広告売上したほか、ビジネスソリュー ション事業部とオークション事業部のパーソナルサービス売上などが伸びて売り上 げ増となった。

広告では、各業界におけるインターネット広告への出稿意欲が高まり、第3四 半期の広告売上高は前年同期比72%増の181億円と好調だった。オークション事業 部では05年12月末のストア数が5911店舗と前年同期より79%増え、同様にショ ッピグ事業部でもストア数が7760店舗と同2.1倍の大幅増加。これによりビジネス サービス売上は同62%増の95億円となった。

売上高、9カ月間で前期超え

売上高は第3四半期までの9カ月間累計で前年同期比55%増の1266億円とな り、すでに前期実績1178億円を超えた。

2006年3月期通期の見通しは、売上高が1752億-1784億円(前期1178億円)、 経常利益が773億-797億円(同603億円)、純利益は464億-480億円(同365億 円)としている。

業績の伸びを受けて、今期配当を153-159円と予想。今期は1株を2株に分割 する2分割を2回実施しているため、前期の484円に比べ、実質増配となる。

ヤフーの23日の株価終値は前週末比8000円(5.0%)安の15万1000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE