コンテンツにスキップする

米グーグル株は「売り」、著しいリスクを指摘-S&Pのケスラー氏

格付け会社のスタンダード・アンド・プア ーズ(S&P)のアナリスト、スコット・ケスラー氏は17日、インターネット 検索サイト運営の米グーグルの投資判断を「売り」とし、「著しいリスク」があ ると指摘した。

ケスラー氏は17日の米株式市場通常取引終了後に発表したリポートで、グ ーグル株の投資判断を「売り」と、従来の「ホールド」から引き下げた。1年 後の株価目標の428ドルは据え置いた。

ケスラー氏はリポートで、グーグルは収益源の一極集中や競争激化などの リスクに直面していると指摘した。グーグルは17日に、Dマーク・ブロードキ ャスティングを買収しラジオ広告市場に事業を拡大する計画を発表した。ケス ラー氏はこれについて、グーグルの事業多角化の必要性を示唆するものだと指 摘した。

グーグル株の17日終値は86セント(0.2%)高の467.11ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE